キャッシングデビューはココに注意!

通りすがりに見かけたキャッシング会社は、果たしてあなたにピッタリな会社なのでしょうか。現在は、多くのキャッシング会社が異なるサービスやキャンペーンを展開しています。それらをしっかりと吟味してから決めましょう。でもキャッシング会社が増えたとはいえ、提供している基本サービスに大きな変化はありません。そして審査から始まる点も同じです。では、それ以外のどの部分に留意して選ぶべきなのでしょうか。ポイントは3つ。大切なのは、「安心」「安全」です。

 

  1. 誰もがよく知る会社である
  2. 案内表示が解りやすく、金利や借入・返済方法についてもしっかり表記されている
  3. サポート体制がしっかりとして、対応が万全である

 

これまでにキャッシングの経験がないならば、尚のこと疑問は尽きないはず。初めてだからこそ、気軽に問い合わせできるという点を重視しましょう。

 

キャッシング初心者にもオススメ!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

3つのポイントを注意しなくてはならない理由とは?

 

では、前述の気を付けるべき3つのポイントは、何故に注意を要するのでしょうか。それは多くのキャッシング会社の中には悪質な会社が増えているからに他ありません。その類の会社は、一様に魅力的な誘い文句でアピールしているのが特徴です。例えば、「必要になったら、その場でキャッシングOK!」などのコピーが代表的。必要な情報提供はおざなりで、審査さえも「スピード審査」と無きに等しいことを誘い文句としているのです。

 

この罠に嵌ってしまった結末は、高金利に泣かされたり、慌てて問い合わせをしたら電話さえも繋がらなかったりといった事態に陥ってしまうのです。そこで生きてくるポイントが、「誰もがよく知る会社である」ということ。有名な会社であるならば、違法なことはおろか、クレームされることを嫌います。したがって、既に告知済みの情報と違う金利や返済方法が後々覆されることはありえないのです。

 

正しい会社選びを行えば、予め提示されたキャッシング条件は必ず守られるので安心です。そんな会社の中から「コレ!」と思う納得の会社をひとつ選べば、困ったことなど何も起こらないのです。「誰もが知っている大手の中から納得の出来る借入・返済方法を選び、不明なことが発生したら直ちに問い合わせ可能な会社」がベストです。

 

最後に

これらのことを踏まえ、皆さんが「キャッシングといえば?」と問われて直ぐに会社名を思い浮かべるようなアコムなど、大手且つ有名なキャッシング会社が安心と言えます。お金を扱う業界だけに、金融庁が監督の目をしっかりと光らせているので、「ここだけの話」なんていう甘い話はありえません。お金に躓かない為にも、確実な選択を心掛けましょう。

どこでキャッシングを利用すればいい?

キャッシングと一口に言っても、それを扱う会社はいろいろとあります。多くの人がキャッシングと聞いてイメージするのは消費者金融かもしれませんが、その他にも方法があります。大きく分けると銀行、消費者金融、信販系の3つの方向があります。

 

銀行カードローン

銀行でもキャッシュカードを利用したカードローンを積極的に推進しています。住宅ローンや自動車ローンなどのように、審査に数日を要する場合と、即日審査ですぐにキャッシングまで行える場合とありますが、銀行毎にかなりばらつきがあるのが現状です。金利は銀行の方がその他の方法よりも安くなっているので、長期的に利用するようであればこちらの方がお得です。利幅も銀行によってはかなり安いものからそうでないものまで色々ありますので、ひとくくりに言う事ができませんが、消費者金融や信販系よりも確実に安い事は確かです。

 

消費者金融

即日キャッシングに強いといわれているのがこの消費者金融です。消費者金融もかつてのようなグレーゾーン金利などもなく、大手であれば健全経営をしていますので安心して利用する事ができます。利用条件も明白で、満20歳以上で安定収入がある方となっているので、収入のない専業主婦などは借り入れができません。これは、銀行とは違って貸金業法にのっとって収入の3分の1以上の融資ができないという決まりがある事で、収入のある人という事が前提になっているからです。

 

信販系

信販系キャッシングも消費者金融同様に総量規制というルールの中で貸し付けを行う業者です。普段あまり馴染みがないように思えるかもしれませんが、クレジットカードのキャッシングなどはこの信販系になります。

 

3つの違いは何か

銀行、消費者金融、信販系のどれをとっても、一度契約をしていれば限度額以内で自由にキャッシングができるという点では同じ事です。これらを比較して大きな違いがあるとすれば、法律面での違いです。消費者金融や信販系では、先に述べた貸金業法の総量規制というルールが存在します。

 

かつてグレーゾーン金利や多重債務が問題になった後に国が定めたもので、収入の3分の1を超える融資を禁じています。一方で銀行は総量規制の対象外で営業する事ができますので、収入がない専業主婦であっても、配偶者に安定した収入があば返済能力ありと認めてもらう事ができるので、キャッシングを利用する事ができるのです。

 

どの方法でキャッシングを利用するのがいいかどうかは、個人の状況によって違います。ただ、即日キャッシングをしたくて審査を急ぎたい時や、遠くの銀行まで行っている時間がないなどの場合には、全国に自動契約機を設置している消費者金融はとても便利でしょう。

 

これらの金融機関に審査を申し込むと、必ず信用情報機関に照会がいきますので、何社も同時に審査にかけてしまうような事になると、逆に通過しにくくなってしまう事もありますので、前もってよく比較検討してから利用する事をおすすめします。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日