限度額が決まるポイントとは。

皆さん、キャッシングを使ったことがある人も、使ったことが無い人も、「ご利用限度額」という言葉は聞いたことがあるかと思います。誰でもいくらでも借りられるわけではなく、またみなさんが借りられる上限額が一定というわけでもありません。個々人のステータスによって細かく計算され、決められています。今回は、その限度額がどのように決まっているか、限度額の利点についてまとめていきます。

 

限度額は○○で決まる!

と、その前にそもそものお話しなのですが、限度額はなぜ定められているんでしょうか?これは事業者側の都合ではなく、ユーザー側の視点に立ったシステムなんです。なんとなく、邪魔というか、見定められているような感じがしないでもないですが、、、ちゃんと計画的に返済し、安全にキャッシング機能を使っていただくためには、限度額以上借りると、あなたがキツくなりますよってこと。逆に言うと、限度額内でキチンと計画通りに返済していくことで、
失敗せず、安全に使えるということです。

 

さて、本題に戻ります。限度額がどのように決まっているかをまとめていきます。一般的には下記2つの要素で限度額が決まります。

 

  1. 法的条件:年収の3分の1の金額
  2. 信用条件:個々人の信用情報から判断

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

まず法的条件、これは法律で定められている条件で、ユーザーの前年の年収をベースにし、 その3分の1が上限金額となります。 どれだけ信用情報がきれいでも、これ以上の限度額になることはあり得ません。 年収を示す必要がありますので、キャッシング口座開設時、また年に1度収入証明を 提出する必要があります。

 

主な資料としては下記があります。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書類
  • 各月の給与/賞与証明書

 

続いて信用条件、これは個人の過去の借入実績が基となって決まります。 クレジットカード会社の審査と同様、信用情報機関の情報を照会します。 その時、借り入れに使える金額のことを「与信枠」という呼び方をします。 この「与信枠」を計算する際、気を付けなければならないのは、与信枠を計算する際に、 「実際に今借りている金額」を基とするのではなく、「保有キャッシングカードの 限度額」を基とします。つまり、あなたが年収300万円の場合、通常の与信枠は100万円。もし限度額50万円のキャッシングカードをすでに持っている場合は、与信枠は50万円となります。※実際に現在50万円のうち、いくら借り入れているかは関係ありません。この2つの掛け合わせで上限額が設定されています。ただし、この他にもこれまでの延滞履歴があったり、初めてカードを作る際などは、ここからさらに限度額が下がると考えたほうが良いでしょう。

 

限度額の利点とは?

さてさて、限度額がどのように設定されるかは、大体ご理解いただけましたでしょうか?それでは次に、限度額の利点についてまとめていきたいと思います。ここでは、例を出してご説明していきます。

 

田中一郎さん 25歳 年収300万円

彼の場合、法的条件としては、年収の3分の1、つまり100万円が限度額となります。一旦与信枠はすべて使えたとして、100万円が限度額として設定できたとします。もしこの状態で田中さんが100万円満額を借り入れたとしたらどうでしょう?

 

  • 年収300万円と言っても、税金や諸々経費が引かれ、手取りは200~250万円。
  • その他、家賃・光熱費・食費・携帯電話料金など、諸々固定費はかさみます。
  • 加えて、キャッシングローンの場合、約18%の利息が付きます。

 

そんなこんなで、田中さんは毎月返済をしていくのは、結構キツいです。そのギリギリなラインとして限度額が定められているということです。限度額の存在は、人によっては利用の制約が大きいように感じてしまい、使い勝手が悪いなぁと感じてしまう人もいるかもしれませんが、この限度額がないと、必要以上の金額を借り入れてしまったり、借り入れを安易に考えすぎ、利用しすぎてしまう恐れがあります。そうなってしまった後では取り返しのつかないことになってしまいますので、やはり限度額というシステムは利用するユーザー側の立場に立ったシステムと言えるでしょう。

 

  • 実際に「今」必要な金額はいくらか。
  • 今後の返済スケジュール(毎月いくらまでの返済ができるか)

 

をきちんと整理し、計画的に利用しましょう。安全をきたすなら、年収の10分の1くらいまでに抑えておくことをおすすめします。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?キャッシングの限度額の仕組み、利点はご理解いただけましたでしょうか?ほとんどの人があまり良く思っていない限度額かもしれませんが、本当は非常に大切なものです。あくまであなたのためのものなんです!!だからこそ、自分で自分の収支を理解し、管理し、意思をもって限度を定めるよう、心がけたいものですね。以上、キャッシングの限度額と利点についてまとめでした!

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日
アコム


3.0%~18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%~18.0% 500万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%~18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%~14.5% 500万円