利息がなくなるなんて本当ですか

キャッシングを利用する場合、必ず金利手数料がかかります。しかし金利手数料を支払い続けるのはつらいものです。できることなら金利手数料を減らしたいとはキャッシング利用者ならば誰もが一度は考えることでしょう。現在キャッシング業界は競争が激しく、利用者にとってはどの会社のどんなサービスを選ぶのか選択肢は日々広がっています。そこでキャッシングサービスを展開する各社としても利用者確保のために利用者に便利になる様々な施策を取っています。そのなかに、キャッシング利用時に無利息期間を設けるサービスというものが存在します。

 

これは言葉の通り、キャッシングで発生する利息を一定期間無料にするサービスです。利息、金利手数料をつらいと感じるキャッシング利用者にとってはまさしく夢のサービスであり、それゆえに各社が利用者確保のために力を入れている分野でもあります。ただしそれゆえに、その内容は各社によって個性が出ているのでよく調べることが大切でしょう。

 

無利息期間ありのキャッシングで返済が楽に!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

無利息期間サービスには大きく分けて二種類ある

キャッシング利用中、どのように無利息期間を割り当てるかは各社によって細かい部分で違いがあります。ですが各社のサービスを大まかにまとめると二種類の傾向が見えてきます。

 

初回の借入時に無利息期間を設けている

これはキャッシングを初めて利用した際に無利息期間が適用されるパターンです。キャッシング初心者は返済の方法などの勝手がわからず返済を遅らせてしまうことも多いため、その救済措置も兼ねたサービス形式となっています。
返済予定日を過ぎた場合のフォローが可能な日数が提示されている場合も多くあります。具体的に用意される無利息期間は、各社平均して三十日ほどとなっています。

 

条件に合わせて無利息期間を設定できる

キャッシング利用時に会員登録をしたり長期間のキャッシング利用をする際の特典として無利息期間を得られるパターンです。利用年数に応じた無利息期間サービスは最大で半年にもなりますが、借入金額などの条件が関わってくるので自分の利用するキャッシングに見合った条件をよく選びましょう。

 

また上記二種類のパターンを合わせて利用できる会社もあるので、キャッシングを利用する場合には各社のサービスを詳しく比較して最適なものを選ぶのが重要です。

 

無利息期間のまとめ

 

  • 無利息期間サービスは各社によって様々
  • 一ヶ月以上の無利息期間を得られるケースもある
  • 無利息期間を返済スケジュールに組み込めば負担軽減

 

テレビコマーシャルの増加などからもわかる通り、近年キャッシング業界の競争は更に激しくなっています。利用者としてはその競争が生み出した便利なサービスを存分に利用したいところですが、無利息期間サービスは初回のみ有効で二回目以降は使えないケースがほとんどですので、キャッシングを利用する際はその都度きちんと条件を確認しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%~17.8% 1~500万円 最短即日
アコム


3.0%~18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%~18.0% 500万円 最短即日
SMBCモビット


3.0%~18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%~14.5% 500万円